読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西島建男歌集7

232 首相よ苦難に立ち向かい逃げるな
         富裕税を作り
       福祉弱者を救え


233   宿泊所で孤老がひっそり死ぬ
        税金を贅沢に使う
          政治家は自腹で


234       公正中立 第三者とは自己ごまかし
        権力者のポチは
          電柱に小便もせぬ


235      嘘つきの仮面の詐欺師
      危機をあおり安保から経済不況
        党利党略のため 


236  増えるのは軍事研究 防衛費
       平和国家が
        欺瞞国家に


237  警察はパトカー追跡は「適正」と
      適正によって
        無辜の民独り死す
 

238    偽女権安倍家父長に尻尾ふり
           靖国の桜に
              散華する母
 

239  秘密さえ秘密になる花園よ
       政府官僚よ
         どの秘密花切り捨てる

 

240  年金の天引き増えて菜種梅雨
          介護市民税貧者には
                 タックスヘブンは無きか

 

241  紫陽花の唇描き亡き君の
              キスなき歳月を
             夢中で吸いたり


242  水鳥の水底飛ぶ光の速さ
        我は流れて
         岩の苔になる


243  予感して今月か来月かガンで死す
       亡き妻の顔
        赤き牡丹で迫る


244     医療では「不適切」な処置は命失う
        政治家は豊かな
         暮らしで団欒す


245  政治家も選挙も無き桃源郷
       紫陽花ほほえみ
         民平安に暮らす

 

246  着物誘い袖から手入れ

      乳房触る粉ぬか雨のような

       かすかな音聞えぬ

 

247  朝かと思い午前三時に起き

        寂しさに月の庭さ迷えば

          新聞来る

 

248  政治家を全廃せよ税金を

       孤老貧困子どに

         市民管理で

 

 

249  なめくじがモネの画集に

      寝そべりゆったりのんびり

       絵をなめつくす

 

250  地震揺れマルクス鴎外

      大の字に鼾をかきて

        活字は白紙に

 

251  ナスの苗薄むらさきの花さけり

         死ぬ前に茄子の

           味噌汁飲めるか

 

252  買物にいけなくなる日寸前なり

         杖つきはって

           デパ地下にいかん

 

253  医者はいうもう治療法なしと

        医療麻薬で

         自由にさまよう

 

254  絶望せず希望もぜずに我がさだめ

          ただ祈るのみ

            庭石を磨く

 

255  祈るのは神でも天でもありえない

        存在する我に

            山茶花に祈る

 

 

256  天国か医療麻薬飲み痛み消え

       海鮮焼きそば食べ

         抹茶ゼリー旨し

 

257  予報士は狼少女コピー機なのに

        脅しの名人

         竜巻、土砂、豪雨

 

258    NHKニュース気象庁のいうままに

         政治社会批判よりも

           天候なら一致す

 

259     梅雨ただよいトルコ桔梗の青き縁

               白き花眼鏡

       好きだった亡き君見よ

 

260  梅雨の朝尿瓶を流し心去り

       しとしと雨が

         頻尿を誘う

 

261    本当なし嘘ばかり語り支持をえる

       政治家も同じ

          オレオレ詐欺

 

262  戦争中前進あるのみと

         兵死に行く立ち止まりて

            過去から学べ

 

263  英国は自己中心の島国なり

         日本も同じ

            世界が見えない

 

264     フォーレのレクイエム聴けば

              豊かな死漂い

       キュウリの黄色の小花に触れぬ

 

265   苦しくて妻の名呼べば

          遠雷の梅雨の雨に

            響きけり

 

266  幸福の木この10年花咲かず

        肥料やっても

           枝伸びるだけ

 

267   おむつ変え尿パット変えて

        ガーゼを変えて夜寝られず

          ガードマン忙し

 

268 ラブ来てわが門前で

       おしっこし尾を3回振り

           静かに去り行く

 

269 石井アナスポーツ報道よりサポーター

     自分好みの選手を

         「ファミリー」にする

 

270  スポーツの客観報道を自国の選手

         だけのナショナルな

            ナルシスゲーム 

 

271  青空に軽やかに飛ぶ我が存在

        鳳仙花のようさよなら

          ふわふわさらさら

 

272  裏切られ悲しみが塀の上

        つるバラがぐんぐん伸びて

           止めを知らず

 

273  真夜中に自分のからだ

         かたまりに他人の意識で

           少し浮きたり

 

274  茄子たれてトマトうす赤く

         鉢植えに雨かすかに濡れ

           アンダンテのいのち

 

275  ほろほろと才能のなさの

           悲哀鳥

         薔薇門前に散り涙まじりぬ

 

276  月笑う才能のなさを蟻運ぶ

         嫉妬の死体

        脹らみふくらみ  

 

277   蜘蛛の巣は喜び飛びかり餌を喰う

           嫉妬汁には

               酔いかす