読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西島建男歌集5

 西島建男歌集5 

141 五年たつ津波でいたむ

       ランドセル引き取りてなく

        炉で火となりぬ

 

142  死のヴェールめくれば

        永久の雪原に光り満ち

           ペンギン転びぬ

 

143  身障の赤き手帳を

        受け取りぬ

       塀のすき間にタチアオイ咲く

 

144  愛感じず死んで初めて

        妻への愛幻想から飛び

          現実になりぬ

 

145   人の妻

        白き素足のサンダルばき

          盗み見した青春のふるえ

 

146  (戦争幻景歌6首)

 

     (1) 子ども盾ジリジリと兵は近寄りぬ

         撃つか撃たぬか

           白き指引きつりぬ

 

147 (2) 車通れば仕掛け爆弾

       破裂しぬ

         手足空に飛び内臓塩辛に

 

147  (3) 狙撃兵照準定め

       黒髪の頭を撃てば

         記者ほほえみて無し

 

148  (4) 病院も学校も

        地図の図形かボタン押せば

           空白のしみ

 

149  (5) 首斬れば橙色の罪衣

          紫の砂

              無言で沈み行く

 

150  (6) ロック響き

          銃撃の音リズムになり

           倒れし人はテロの血ドラム

 

151  押入を開ければシールびっしりと

     幼児の息子

         ガンダムで飛びだす

 

152    亡き妻の

        ピアノ弾く音に彷徨いぬ

         酔いどれは森の沼の彼方に

 

153   石投げろ催涙弾涙枯

         白き石壁を

          民族の血赤く

 

154  寺小屋でわが子の首を検分し

       泣けずに泣けし

         いじめいけにえ

 

155  拉致されしわが子追って

      北の海白く

       冬の花火消ゆ

 

156    四回目ガン手術戦場か

      わが明日は白いもや

        勇気高ぶる

 

157    猫うなり腸凍る夜

      人工の肛門軽く

        うすものの生寒し

 

158     あじさいの若角生きよと

       勢いあり

     ヤッデの小粒の花は鬼ごっこ

 

159  戦争のつもりになって幻想し

       落語「だくだく」

          歌に血が出た

 

160  亡き君のワンピース

         くるまりて涙

             背のホクロ触る 

 

161  わが身体無数の

       注射針のあと

        母の遺体思い浮かべぬ 

 

162  白き乳首吸いめくるめく

       富士の張り

       シュークリームの甘さとろけり

 

163  ランの花冬の厳しさ生き残り

       偶然のごとく

         薄紫あり 

 

164  おやじテロで刺され助けられず

       夢見たと息子よ逃げよ

         我は立ち向かいぬ

 

165  死んで生き行きて帰りぬ

         登りて降り永劫回帰

           桜咲き散りぬ

 

166    検査見て余命半年と

         驚かずうなぎ蒲焼食べ

            涙流れる

 

167  肝臓に三ヶ所のしみあり

      増殖の速さ

        新幹線競う

 

 

168   ペゴニアは

       きいろみどりあかむらさきと

          桜散れば爆笑し合う

 

169   骨白し隣に座れば

        言葉なし雪はワルツ踊り

          墓うす化粧す

 

170   骨壷のとなりに座れば

         君笑うおまたせしたと

           我も微笑む

 

     

171   桜の木落下傘になり

       病室飛びて公園で遊ぶ園児に

        花びらまけり

 

172   鶴見川五本の桜

        呑み込みてボートは小魚

         花は擬餌食らいつく

 

173   妻死し夜子猫

       玄関屋根の上

        星に向かいて呪文となえり

 

174  抱き倒れベット軋みシーツしわ

      隣気にして

       口にバター含みぬ

 

175  手術して解剖学の教科書と

                         違う血管と聞こえる

                            我は何者

 

176  桜花世界の破れた穴ぼこへ

      流れてゆけば

       溺れ消えぬ

 

177   日光に柿の若葉に梅新芽

        がん細胞を

         包めよみどりに

 

178  知りたやな鹿の心を

        軽やかにいま草山跳び

          穏やかに死ぬ

 

179   竹やぶが動く黒い風

         泊まらないと誘う

             鬼女から逃れぬ

 

180    墨塗りの教科書開き

          学びし時TTPの

               文書見て戻る

 

181   死んだならオリオンには行かず

        ふたご座の流星群で

          放散し飛び散る

 

182   ルビー燃えさそりの心アンテルス

         嫉妬の毒もち

          オリオン追い出す

 

183  さよならを大桟橋から空に投げ

         涙は波に

          青き音滑る

 

184  薬漬け若葉芽吹き

       手足しびれ髪抜け落ちて

         生明るく見ゆ

 

185  朝焼けを録音したら食べる風

        夕焼けを録画したら

            泣く光りの音

 

186   永遠の声天から響く

         岩砂漠に憐れみ救い

             刻みたれたり

 

187  兼好が下賎な魚を食すと書く

       鎌倉で美味し

         初鰹たべ

 

188  つつじ咲くガンセンターで定年前

        ペン折し友と

           飲みたい夕闇

 

189  熱情で大地動き

        家潰れ土砂怒る

          わがさだめの島

 

190  恋しくてつつじの赤花

          点滅し合図送れど

             抱くは白い風

 

191  蛇うねり六角橋の商店街

       屋台でちくわ咥え

        辞任を決意す

 

192  十条の商店街の鶏ボール

        頬張り劇見て

          殺陣に狂いぬ

         

 

193  足踏んだカネよこせと脅す

         少年の目

          寂寥の影

 

194  チンピラに追いかけられ

       電柱に登りてミンミンと

          鳴けば馬鹿かと笑い去る

 

195     モクレンの香り舌刺し

          口吸えば月の歯光り

             椿の実硬し

 

196   病みほうけ電線見れば

        ムクドリが流星群のごと

         嬉々と飛び立つ

 

197   若冲見れば赤とさか

         にわとりが黄のひまわりに

            見得切りいいよる

 

198  梅雨に濡れ渋谷ラブホ前

      不倫揺れ紫陽花の色が

        変わり別れぬ

 

199  つるばらの白露の花は

       踊り狂い宴の後は

        地に吸い込まれぬ

 

200  ゼラニウム紅花はとさか羽みどり

        庭を競歩

          せわしく去りゆく