読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西島建男歌集4

西島建男歌集4 

 

西島建男歌集4

 

79  伊豆山に妻を喪くして

     来てみれば

      千人風呂なく砂浜もなし

 

80  波響き息子と入る露天風呂

     水平の雲に

      生き延びし我を見ゆ

 

81  夏の夜に八岐大蛇襲い来て

     万華の花火

      降り注ぎ来たり

 

82  誘うよう抱きしめ迫る

     波のうねり

      巨大なる生きた羊水の動き

      

83  初島とにらめっこする

     苦虫のテトラポット

      笑う波追い立て

 

84  錦ヶ浦自殺の名所も

     庭園に変じ聳えるホテル

      岩壁も緑に

 

85  雨月の夜物語ひも解けば

     愛憎の蝶

      胸を乱舞す  

 

86  運河よどみ洗濯物垂れ

     ヴェニスにゴンドラ滑り

      妻月光に浮かびぬ

 

87  十二桁数字に化した

                         データの身を

                             蚊がまずそうに盗み吸うなり

 

88  アホウドリ滅びぬ離島で

     知のコピー鳥

      ドローン人喰らう

 

 89  空き家増え

     妖怪と猫住み

      マンション傾き人々衰えぬ

 

90  核ミサイル巨根の露出の

     パレードよ

      終末戦の秋黒い雨降る

 

91    核のゴミ黒き袋は

         放置されカラスもとまらず

             大水に漂う

                

92  更地捨て

     かさ上げされた新地あり

      消えた廃墟は記憶薄れゆく

 

93  潮風に恋人抱き合い

        汽笛鳴り

       地下の震災の瓦礫うずく

 

94  つかのまの

     前生と後世の端境期

      柿の実熟し小鳥ついばむ 

 

95   なぜ燃える散り枯れる前に紅葉の火

        溶岩流れ枯れて

          黒い岩捨てられ

                    

96  (芭蕉に捧ぐ2首)

    秋深し組体操崩れ

     隣の子骨折せり

      ああ運動会

 

97  夏草やしゃれこうべ白し

     兵士夢も見ず

      地雷生き続けぬ

 

98  秋空に楕円のボール放物描き

     高きポールの間

      刃で切り裂く 

 

99  一億の総活躍に入らぬ我

       虫の死骸運ぶ

         アリをじっと見っめぬ

 

100    爆撃でふるさと喪い砂ぼこり

          閉め出す異国へ

              歩き歩きゆく

     

101  早死し沖縄の友よ吾苦し

      珊瑚レイプされ

       海ひかり埋められ

 

102  わが首相原子空母に乗りはしゃぐ海

       核地下水で

         不機嫌なり波 

 

103  いくさ時に

      文学部無用と廃されりいままた

        「明暗」読み心暗き

 

104  東大の軍事研究

       資金もらいジキルハイドの科学

           ひと悩ます                 

 

105  みじんぎり涙出ぬタマネギの

       苦しみ身に染む

        情なき秋風

 

106  歌出来ず一年二回の大手術

      尿もお通じも

       アウトソーシング

 

107  お尻無し縫い合わされて

      サイボーグ

       朝焼け富士窓から迫る

 

108  痛みよりかゆみの方が

      つらしという看護師見ながら

             痛み止め飲む

 

109  老い枯れず元気な吾に

      ガン喜びぬ

       増殖出来るぞ

 

110  高熱の手術過ぎて

      そよぐみどり

       抹茶アイスの宇治の山風

 

111  妻が死し病院ベットで

      手術後に妻の代わりに

       少女の夢見る

 

112  遠くを見る純なひとみの

      テロリスト人を殺して

       理想は濁らざるや

 

113  病床で007吾なりぬ

      追いかけられて

       雪渓を一つ飛び

 

114  岩レンゲ家族を愛する花言葉

      絶滅しそうでへばりつく

       誕生花

 

115  ボジョレでなく抗生剤で乾杯を

      誕生チョコは10錠の

       痛み止め

 

116  凍れる夜歯から爪まで

      震え出す敗血症

       細菌雪崩れ

 

117  病には連休なしか

      細菌は残業までして

       お前はブラック企業

 

118  サーフィンタンゴの波は

      ひるがえり砂地は地球

       白菊乱れ飛ぶ

 

119  わが庭の柿の実

      息子もぎ取って

       退院出来ぬ失いし時喰う

 

120  雨の夜尾灯・信号赤なみだ

      病窓燃え

       血はルージュ引きぬ

 

121  死の夢覚めれば山茶花

      ひらひら

     生の夢覚めれば椿どさどさ

 

122  回転し重力遁れジャンプする

      氷上のコマ

       寝たきりで見る

 

123  白き鳥朝日浴びて羽キラキラと

        固まりて飛ぶ見

           癒える予感す

 

124   光熱費見ながら我も加担者と

          北極クマに

              頭下げたり

 

125   氷河融け地球の涙

       島沈み土のひび割れ

          聞こえるうめき

 

126  総持寺の青銅の屋根夕日光り

       異世界に向かう

          離陸の手振る

 

127   悔いは無し

        奇跡の君とめぐり合い

         未知の世界巡り愛憎に激しても

 

128  病床で愛した記憶女性の顔

        わきいずれば

           微熱でうなされたり

 

129  朝日あび高層ビルの屋上に

        バニラアイスの

           富士山のれり

 

130   秋の月まだ生きている我が命

          病室で聞く

            かすかな叫び

 

131  山の神神野大地名前よし

      骨折乗り越え噴火を

       抑え走る

 

132  福袋爆買い嬉し新年の

       命永らえ

       痛みしばし消ゆ

 

133  エビカニの天ぷら蕎麦

      すすりけり猿になり

        見えぬ枝に飛びうっりたり 

 

134   SMAPは一つだけの花になりきれず

          自立し

                                          崖に咲く百合になれ

 

135   お雑煮をつくる息子は

            亡き妻の味と同じにと

                     ちがうもうまし

 

135  名古屋へと単身赴任する息子に

             先の尖った

                 牛革靴贈りぬ 

 

136   冬の夜半ドヴォルザーク

             チェロの音に

                穏やかな死祈り夢に落つ

 

137  短歌とは57577素数なり

         自己しか約せず

           暗号を解け

 

138 ペリュリューサイパンマニラオキナワと

         天皇の慰霊

           九条の夢の旅

 

139   佐渡の海

          我が上司消えぬ船中から

              妻の詐欺の罪つぐない悲し 

 

140  天皇の慰霊の旅に

         戦没者戦争しない国の

               白菊に笑む